【アウトドア】おすすめの海釣りバイク釣行用アイテム5選【キャンプも】

釣り編 その38 flyderさん(Wandering Life!)の巻


じつは本サイトの開設以降、ずっと悩んでいることがありまして……。
それは「バイクで釣りに行くこと」をなんと表現するかです。
一時期は「釣~リング」という言葉を使っていましたが、ちょっと言葉遊びがすぎるかなと。ポタリング(目的地を特に定めることなく気分や体調に合わせて周辺を自転車でめぐること)やグランピング(自分でキャンプ道具などを用意しなくてもキャンプ体験を楽しむことができて快適なサービスも受けられる宿泊施設を利用する新しいキャンプスタイル)のようにキャッチーな造語があればよいのですが……。
言葉を作る発想力も、そして、それを広げる影響力も持ち合わせない俺としては何となく「バイク釣行」という言葉を使っています。
まぁ、言葉の問題はともかく、バイク釣行という趣味は楽しいから、もっと広めていければと思っています。今回もその一環で、バイク釣行に便利なアイテムの紹介です。
俺は渓流メインで海釣りをやらないため、なかなか海釣りのバイク釣行の情報をお届けできずにいるのですが、今回は、その経験がある方にナビゲートをお願いできました(やったー!!)。
それでは、サイト『Wandering Life!』の管理人・flyderさん、よろしくお願いいたします!

※取材・文/管理人 写真はflyderさんのご提供または許可を得てサイト『Wandering Life!』から転載させていただいています。無断転載は禁止とさせていただきます。

景色を見るだけで帰るのはもったいない~これまでの釣り&バイクライフ~

flyderさんが釣りをはじめたきっかけを教えていただけますか。
「子どもの頃に見た漫画&アニメ『釣りキチ三平』がきっかけです。いろいろな魚を釣るために日本各地を旅するというスタイルに憧れました。小学校低学年で釣りデビューするも、その後、興味と関心がバイクに移ったために釣りからは離れていましたが、ブラッド・ピット主演の映画『リバー・ランズ・スルー・イット』を見てフライフィッシング がやりたくなって再デビューしました」

※管理人より/作品紹介も兼ねてアマゾンアフィリを利用させていただくと『リバー・ランズ・スルー・イット』はこちら↓

そうそう、flyderさんはバイクも趣味ですものね。いや、flyderさんが運営している『Wandering Life!』のキャッチコピーではバイクのほうが先ですし、むしろバイクこそが趣味といいますか……。バイクに興味を持ったのは?
「子どもの頃、スティーブ・マックイーンの映画 『大脱走』を見たのがきっかけです。マックイーンが草原をバイクで駆け回るシーンに憧れて、バイクの免許を取れる歳になったら免許を取ろうと思いました」

※管理人より/作品紹介も兼ねてアマゾンアフィリを利用させていただくと『大脱走』はこちら↓

どちらもエンターテイメント作品がきっかけなのですね。そして、バイクで釣りに行くようになったのは?
「ツーリングで川や海、湖までバイクを走らせて景色を見るだけで帰るのがもったいないと思ったからです。せっかくバイクで遠出するなら、行った先々で釣りも楽しみたいと」

あぁ、わかります。俺も田舎道を走っていて川が流れていると竿を出したくなりますもの。これまでのバイク釣行のなかで印象的なエピソードは?
「車では進入不可能な場所までバイクで乗り付け、湖畔にタープを張って釣り&デイキャンプを堪能したときのことはハッキリと覚えています。とてもよい場所でしたが、次回行ったときにはバリケードが設置され、バイクでの進入も禁止されていました……」

flyderさんはバイクキャンプも嗜(たしな)むということで、根っからのアウトドア派なんすなぁ。flyderさん運営のサイト『Wandering Life!』では「バイクキャンプに適したキャンプ道具」も紹介しているので、ぜひチェックを。写真は『Wandering Life!』の記事より

ポイント開発にバイクの機動力が活かせる~バイク釣行の長所&短所~

flyderさんのこれまでの釣り&バイク人生をお伺いしたところで、バイク釣行について、お話をお伺いさせてください。なにせ本サイトのサイト名は「釣りとバイクが趣味なんだ。」ですし。あらためてflyderさんのお考えをお伺いできます。
「私がバイクで釣りに行くのは『なによりもバイクが好きだ!』というのが一番の理由です! それに『渋滞とはほぼ無縁!』『ストレスフリーで釣り場まで行ける!』などのメリットもあるのですよね」

うんうん。そちらについては『Wandering Life!』さんの記事にありますものね(リンクはこちら)。じつは今回のご依頼は、そちらの記事を拝読させていただいたのがきっかけでした。俺が「よいなぁ」と思ったのは、しっかりとデメリットも書いてあるところでして……。とくに釣りについては、ちょっと深くやると「どんな状況でも釣りとバイクはベストマッチ」というわけではないことを実感するケースもあると思います。合う釣りと合わない釣りがあるかと……。
「車にくらべると、どうしても積載能力が乏しいですし、雨・風が辛いですからね」

あと、冬の寒さも厳しいっす(笑)。比較的、軽装な渓流やワカサギ、バス、あとはキープしないシーバスなどはわかるのですが、flyderさんは大物も狙えるサーフゲームのバイク釣行も経験有ということで、ぜひ、海釣りにバイクで行く際の積載方法などをお伺いしたいんす。いや、俺は海をやらないので……。
「それがサーフゲームについては……あまりバイクで出かけるのはおすすめできません。やはり、積載量が限定されてしまうバイクではいろいろと苦労することが多い……。自分も滅多にバイクでサーフに出動しません」

ありゃぁ、そうですか……。
「バイクでサーフにいったのは、たまたまサーフに向かう途中のバイパスが工事期間中で『酷い渋滞を回避したい』という事情があったからです。ただ、絶対に無理というわけではなくて、例えば、はじめていく場所のポイント開拓などにはバイクの機動力が活かせると思います。そこらへんは自分の釣りのスタイルと工夫次第なので、馴れると案外、おもしろいかもしれません」

なるほど。では、その工夫のためのヒントとして、大物狙いも意識しつつの海釣りバイク釣行に役立つアイテムをご紹介いただけますか。
「はい。私が実際に使用しているもので、バイクで持ち運べる、あるいはそのために役立つものをいくつかピックアップしてみます」

カップ麺はヘキサゴンウッドストーブで~海釣りバイク釣行のおすすめアイテム~

海釣りを意識したバイク釣行のためのおすすめアイテム①
ホムセン箱改リアボックス

なるほど、この大容量はよいかも! 防水性もバッチリそうですし……(写真は『Wandering Life!』の記事より)

「一般的なバイク用のトップケースよりも容量が大きいだけでなく、軽量なのがおすすめの理由です。形状もほぼ真四角なので釣り具・装備を入れやすい。現場に到着したらバイクから外してショルダーストラップで肩にかけてそのまま釣り場まで持ち運べるので重宝します」

※管理人より/商品紹介も兼ねてアマゾンアフィリを利用させていただくと「ホムセン箱改リアボックス」こちら(flyderさんがおすすめのものと完全に同じではありません)↓

海釣りを意識したバイク釣行のためのおすすめアイテム②
ヤマハ(ワイズギア)のマルチキャリア

俺はバイクにゴタゴタ装着するのは好きではないので、バッグ(ケース)も必要なときだけ装着するタイプを使用しています。その点、こちらは「目からウロコ」並みのナイスアイテムです(写真は『Wandering Life!』の記事より)

「GIVIのサイドパニアケースE21・E22に対応するパニアホルダーとして利用。サドルバッグのようにタンデムシートの上に載せればパニアホルダーとして使えます。一般的なパニアホルダーと異なり、車体にボルトで固定する必要がないのが利点です」

※管理人より/商品紹介も兼ねてアマゾンアフィリを利用させていただくと「ヤマハ(ワイズギア)のマルチキャリア」こちら↓

海釣りを意識したバイク釣行のためのおすすめアイテム③
フローティングベスト

俺も釣り用ジャケットを自宅から着用していくことはありますが、難点は盛夏の暑さとコンビニに入るときの気恥ずかしさなんすよね。いや、それは気持ちの問題ですか、そうですか……(写真はflyderさんのご提供です。またフローティングベストについては『Wandering Life!』のこちらの記事より)も要チェックです

「フローティングベストは、サーフゲームをはじめ、海釣りでは必須のアイテムです。フローティングベストを積載するスペースの確保は難しいので私はバイク乗車時から着用します。フローティングベストの浮力体が胸部パッド、脊椎パッドとして機能してくれるので事故対策としての働きも期待できます。実際に着用してみるとわかると思いますが、ベストで守られている感が半端ないです。普段のツーリングでも着用することを本気で検討するほどの安心感!」

※管理人より/商品紹介も兼ねてアマゾンアフィリを利用させていただくと人気のフローティングベストはこちら↓

海釣りを意識したバイク釣行のためのおすすめアイテム④
バーナー&クッカーセット
「海辺で食べるカップ麺はこの上なく美味い! カップ麵作りのためにバイクでも邪魔にならないコンパクトなバーナー&クッカーのセットを持参します。バーナーは軽量でコンパクトに収納できるバーゴのヘキサゴンウッドストーブがおすすめで、クッカーは錆びないチタン製の五徳クッカーがよいと思います」

アウトドアで食べるカップ麺は本当に美味しそう。シーフード味を選んでいるところがさすがです(写真はflyderさんのご提供です。また、バーナー&クッカーについては『Wandering Life!』のこちらの記事も要チェックです)

※管理人より/商品紹介も兼ねてアマゾンアフィリを利用させていただくと「ホムセン箱改リアボックス」こちら↓

海釣りを意識したバイク釣行のためのおすすめアイテム⑤
モーラのナイフ/出刃包丁

刃物も重要なアウトドア用アイテムですよね。取り扱いにはくれぐれもご注意を(写真はflyderさんのご提供です)

「座布団級のヒラメやランカーサイズのスズキが釣れても、バイクだと、そのまま持ち帰るだけの積載スペースはないでしょう。大物が釣れた場合は現場で捌(さば)く必要があるので、ナイフまたは出刃包丁を持参します。モーラのナイフ両刃なら骨を断つことも可能ですが、3枚おろしには不向きなので、別途出刃包丁をそろえましょう」 

※管理人より/商品紹介も兼ねてアマゾンアフィリを利用させていただくとモーラのナイフはこちら(flyderさんがおすすめのものと完全に同じではありません)↓

flyderさん、本日はありがとうございました。flyderさんは俺よりも53万倍くらいアウトドア度が高めですし、運営しているサイト『Wandering Life!』もきれいで見やすい!←俺もこんなサイトにしたかった……
釣り好き、バイク好きはぜひ、チェックを(リンクはこちら)!

最後にもう1枚。釣りとバイクの素敵な写真です(写真は『Wandering Life!』の記事より)

【趣味人のプロフィール】
flyder(Wandering Life!)

「右肩上がりの高度経済成長期の真っただ中に生を受け、平成バブル景気の末期に学生時代を過ごし、バブル崩壊後の長期に渡る平成不況とリーマンショックを潜り抜けてきました。『地球と遊ぶ』をテーマに『Wandering Life!』を運営しています」
最近食べた美味しいもの/「山で食べた味噌煮込みうどんです。ちなみに、こちらの動画で紹介しています」
最近購入した釣り&バイク関連アイテム/「バイク用でワコーズのラスペネ浸透潤滑剤を購入しました。CRC556よりも防錆効果が高くリール、バイクメンテナンスに最適です」

<バックナンバー>
【釣り編】
その1 まりっぺさんの巻 デカバスを狙うなら琵琶湖でワーム!
その2 かなすびさんの巻 大注目のタチウオテンヤ釣り
その3 Fresh Kitchen・戸田美保子さんの巻 料理のプロが教える美味しい魚料理
その4 ピカレスクさんの巻 プロのリール修理士が教えるリールメンテナンスの基本
その5 バッスンさんの巻 ブラックバスのキャッチ&イートのすすめ
その6 クニさんの巻 クロダイの落し込み釣り
その7 田中徹さんの巻 アオリイカのヤエン釣り
その8 ジョーさんの巻 のんびりヘラブナ釣り
その9 片山さんの巻 コマセやウキの自作のすすめ
その10 鰈ライダーさんの巻 北海道の釣り事情
その11 むぎわらノートさんの巻 シーバスの釣果を上げるコツ
その12 まるなか大衆鮮魚さんの巻 ショアジギの極意
その13 ytk*さんの巻 きっと釣れる! エギング入門
その14 Tetsuさんの巻 アジングで爆釣のコツ
その15 つりうぇいぶ!さんの巻 ヒラメの泳がせ釣りのコツ
その16 ぐっさんの巻 ロックフィッシュを釣る秘訣
その17 若旦那さんの巻 グイグイしなる『鱒レンジャー』の楽しみ方
その18 ともぞうさんの巻 身近で手軽な「管釣り」の楽しみ方
その19 岩田ジュビ漏さん(ツリデルタトーキョー)さんの巻 霞ヶ浦バスが釣れるポイント・ベスト3
その20 海釣太郎さんの巻 釣り人必見の海の水中映像ベスト3
その21 チャモロぱぱさんの巻 「両軸遠投カゴ釣り」のすすめ
その22 風の沼津さんの巻 霞ヶ浦のバスを狙うおすすめルアー・ベスト3
その23 ウッドマンルアー店長さんの巻 近畿地方のおすすめ釣りベスト3
その24 カラフト犬AKさんの巻 ヘチ釣り・やってはいけないベスト3
その25 眠りのたくまさんの巻 人狼ゲームの人気配信者が語る釣りの魅力
その26 たけだバーベキューさんの巻 釣り魚の簡単激ウマ調理術
その27 サラさん(釣りなじ)の巻 女性におすすめの楽しい釣りベスト5
その28 ウィリア八王子さんの巻 鮎を釣る基本のコツ3選
その29 たけ坊さんの巻 静岡県のおすすめ釣り場3選
その30 くろめがねさんの巻 ヒラメのサーフゲームのコツ3選
その31 まさゆっきー(M'sfishingチャンネル)さんの巻 徳島県産バサーの使用タックル
その32 なぎさんの巻 ワカサギ釣りのコツ3選
その33 y-kamiさんの巻 メバリングのコツ
その34 マークさんの巻 霞ヶ浦バスを釣るコツ
その35 ピカレスクさんの巻 知っていたいリールメンテのポイント
その36 NOFISHBOY穴澤颯さんの巻 ランカーシーバスを釣るコツ3選
その37 おででさん(おででの釣りチャンネル)の巻 釣り用車中泊のためのおすすめ車内DIYアイテム

執筆者のプロフィール

34
34
本サイトの管理人です。34はゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」のアカウント名です。いや、名前なんかは何でもよいのです。大抵のゲームは、このアカウント名にしています。本職は紙媒体の編集&ライターです。
0

関連コンテンツ



更新日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.