【バス】荒川(とくに笹目橋付近)で釣りを楽しむ!【テナガエビ】

釣り編 その44 笹目釣人さんの巻

え~この記事をまとめているのは6月上旬で、ぼちぼち梅雨です。
梅雨といえばテナガエビの季節です(異論はいくらでも認めます)。
「テナガエビを釣りたい!」と思った俺はアメブロでテナガエビ釣りを紹介している笹目さんに取材を申し込んだのでした。
お話を伺うと、笹目さんはテナガエビだけではなく、いろいろな魚を求めて自宅から近い荒川での釣りを楽しんでいるとのこと。
よし、今回は釣りのジャンルではなく、荒川(笹目橋付近)をテーマにしましょ。

※取材・文/管理人 写真は笹目さんの許可を得て、笹目さんのブログから転載させていただいています。無断転載は禁止とさせていただきます。

休職中に釣りにどハマリ~これまでの釣り人生~

まずは笹目さんが釣りをはじめたきっかけから教えていただけますか。
「釣りを始めたのは子どものころです。私は岡山県の北部で育ったのですが、地元が田んぼばかりの田舎だったので、そこらじゅうでフナやオイカワがいましたし、野池ではブラックバス(以下バス)も釣れました。ですので、春から秋にかけて、小物釣りやバス釣りをして遊んでいました」

今は東京都にお住まいですよね?
「はい。大人になって、東京に出てきました。秋にハゼ釣りをすることはありましたが、熱心に釣りをするという感じではありませんでした。それが釣りにハマっていくようになったのは2018年からです。仕事が過酷で体調を崩し、2018年に、しばらく休職したのですよね。それで、体調を整えるために自宅で静養していたのですが、さすがに何もしないと退屈で……。そのような折、ふと子どものころを思い出して『釣りをしたいな』と。さっそく、タックル一式をそろえて、荒川の笹目橋へ向かったのですよね」

久々の釣りはどうでした?
「そのときは何人か先行者がいましたが、オープンエリアに遠投していて釣れている気配はありませんでした。そんななか、私だけ足元のテトラ際を狙いました。すると、3投目に40cmのラージマウスバスが釣れたのです! ゲーリーヤマモトのカットテールのテキサスリグで、オチパクでしたね。そのときのことは今でも覚えています」

※管理人より/本記事の写真は俺の選定で、これまで笹目さんが笹目橋付近で釣った魚を紹介していきます。まずはラージマウスバスです(写真は笹目さんのブログより)

それはすごいっすね。
「今、思えば奇跡的でした(笑)。荒川は厳しいと聞いていたのですが『釣れるじゃん!!』ということで、そこから釣りにドハマりしていきました。なにせ休職中ですから時間はあって、本当に毎日朝から晩まで荒川で釣りをしていました。休職中の人間とは思えないぐらい日に焼けていたと思います(笑)。その後は体調が戻って仕事に復帰しましたが、休日には荒川に通うようになりました」

再開した釣りで印象深いのは?
「日々新しい発見があり、一つに絞ることができません。テトラの穴から引きずり出したスモールマウスバス、12月の極寒の中でバイトしてきたラージマウスバス、初めてドリフトで流し込んで釣ったシーバス、全然あたりがなくて子どもがイライラしてくるなかで何とか釣ったテナガエビ、周りが釣れていないのに親子で爆釣したブルーギルなど、一つ一つの釣果に思い出があります。私の場合、ほぼすべての釣行をブログに残しているので、記憶にも強く残りやすいです」

※管理人より/そして荒川ではスモールマウスバスも釣れると。入間川にはいると釣れるという話は聞いたことがあるのですが荒川でも釣れますか…(写真は笹目さんのブログより)

エサはカニカマでOK~テナガエビのコツ~

笹目さんのメインフィールドは、そのペンネームが示すように笹目橋付近とのことですが、その辺りはテナガエビのメッカとも呼ばれているようです。
「笹目橋付近以外でも、荒川は他の場所でも釣れると思います。汽水域でテトラやゴロタが沈んでいるようなところであればどこでも……。GoogleMapで見れば大体そういったポイントはわかります」

※管理人より/そして俺が大好きテナガエビです。笹目橋付近はメッカだそうですよ(写真は笹目さんのブログより)

俺は昨年はもう少し下流域の新荒川大橋付近で釣りました(その記事はこちら)。ただ、そのときも3尾と相変わらずのヘタレぶりなのでテナガエビのコツを教えていただければと。
「コツといわれてましても、私がいえるのはとてもシンプルなことくらいでして……。まず、他の釣りと同様に時間帯はマズメがよいようで真昼間はやはり釣れにくい印象です。あとは、テナガエビはストラクチャ(障害物)の陰に潜んでいるのでストラクチャを狙うこともコツですかね。私はテトラやゴロタの隙間を狙っています。もう一つ、これは荒川の下流付近ならではかもしれませんが、私のなかではテナガエビは水位が上がったときに接岸するイメージが強いので、満潮付近の時間を狙っています」

なるほど、潮までは意識していませんでした。タックルは何をお使いで?
「特別なものは使っていません。正直かなり安物です(笑)。延べ竿150cm、道糸1号、玉ウキ、エビ針です。ガン玉を打って、ウキは水面から2~3cmのところまで沈むようにします。エサは自宅近くに釣り具屋がなく、虫エサが手に入らないのでスーパーで買えるものにしています。具体的にはカニカマ、ボイルベビーホタテを使います」

か、カニカマで釣れるのですか!? 確かにエサを買いにいくのはちょっとした手間なので、今度、自分も試してみます。

※管理人より/こちらがテナガエビのポイントです。確かに釣れそう(写真は笹目さんのブログより)

シャローで横の釣りを展開~荒川バスのコツ~

今回はテナガエビのコツをお伺いしたかったのですが、笹目さんのメインフィールドの笹目橋付近はいろいろな魚が釣れるということで、そちらのお話も……。ちなみにこれまで、笹目さんが荒川で釣ったことがあるのは?
「ラージマウスバス、スモールマウスバス、ブルーギル、シーバス、ナマズ、コイ、ニゴイ、ハクレン、テナガエビ、ヌマチチブ、カワアナゴです。あと、私は釣ったことはありませんが、ライギョやウナギも釣れるようです」

※管理人より/こちらは今年(2021年)の5月に釣れたてホヤホヤの魚でして、ブログ内では「カワアナゴでは?」となっています。俺の知っているカワアナゴとちょっと違うようなので俺も調べてみたのですが、やはりどうもカワアナゴのようで……。こんな魚も釣れるんすなぁ(写真は笹目さんのブログより)

バスは人気なので、もう少し荒川のバスについて伺いたいのですが、荒川で釣果を上げるためのルアーとコツは?
「正直なところでは、荒川でバスを釣るのは厳しいです。下流域は生息数も少ないと思いますし、釣り人も多いのでスレ切っている印象です。私は基本的にはシャロー(水深が浅い場所)を攻めることにしています。シャローのバスは少なからずやる気がありますからね。シャローで、ミノーやシャッドの横の釣りを展開し、ここぞというポイントではワームやジャークベイトのロングステイでアプローチします」

※管理人より/渋いとはいえ、44cmのバスを釣っています。さすが笹目さんです!(写真は笹目さんのブログより)

おすすめのルアーは?
「デュオのレアリスロザンテ77SP、デュエルのハードコアミノーフラット95F、ジャッカルのシザーコーム3.8インチです」
※管理人より/ここで写真紹介も兼ねてアマゾンアフィリを利用させていただきます。笹目がおすすめしているルアーとぴったり同じでなはないかもしれませんが、バサーの方はご参考までに↓

釣れないときにどれだけ楽しめるか……~釣りへの想い~

荒川の笹目橋付近、いろいろな魚が釣れてよいフィールドですね。
「はい。ちなみに私は『釣れなくても楽しく釣りをする』を、大きなテーマとして釣りをしています。釣りというのは多くの人にとって趣味なので、楽しくあるべきだと思っています」

※管理人より/このフィールドを語るうえではシーバスは欠かせないですかね。こちらのサイズは50cmです。よいっすね(写真は笹目さんのブログより)

同感です。
「ですので、私は釣れなくても、美しい朝日や季節の花の写真を撮ったり、水の中の生き物を観察したりして遊んでいます。近年はSNSで他人の釣果が目に付くようになり、自分だけ釣れていないような錯覚に陥ることが多いと思います。しかし、釣れないことは別に悪ではありません。釣れないときにどれだけ楽しめるかということが、真の釣り人の実力なのではないかと私は思っています」

※管理人/菜の花がきれいっす。そうですね。こんなご時世ですし、のんびり釣りを楽しみましょう(写真は笹目さんのブログより)

【趣味人のプロフィール】
笹目 釣人

「荒川笹目橋を中心にバス釣りをしています。 休日の釣行、釣果報告をメインに記録しています」というアメブロ「のんびり釣り釣れ紀行@荒川 笹目橋}はこちら
最近食べた美味しいもの/「家族で作ったたこ焼きです」
最近購入した釣り関連アイテム/「ブルーストームの膨脹式ライフジャケット『BSJ-9320RS』を購入しました」

※管理人より/『BSJ-9320RS』はこちら↓

<バックナンバー>
【釣り編】
その1 まりっぺさんの巻 デカバスを狙うなら琵琶湖でワーム!
その2 かなすびさんの巻 大注目のタチウオテンヤ釣り
その3 Fresh Kitchen・戸田美保子さんの巻 料理のプロが教える美味しい魚料理
その4 ピカレスクさんの巻 プロのリール修理士が教えるリールメンテナンスの基本
その5 バッスンさんの巻 ブラックバスのキャッチ&イートのすすめ
その6 クニさんの巻 クロダイの落し込み釣り
その7 田中徹さんの巻 アオリイカのヤエン釣り
その8 ジョーさんの巻 のんびりヘラブナ釣り
その9 片山さんの巻 コマセやウキの自作のすすめ
その10 鰈ライダーさんの巻 北海道の釣り事情
その11 むぎわらノートさんの巻 シーバスの釣果を上げるコツ
その12 まるなか大衆鮮魚さんの巻 ショアジギの極意
その13 ytk*さんの巻 きっと釣れる! エギング入門
その14 Tetsuさんの巻 アジングで爆釣のコツ
その15 つりうぇいぶ!さんの巻 ヒラメの泳がせ釣りのコツ
その16 ぐっさんの巻 ロックフィッシュを釣る秘訣
その17 若旦那さんの巻 グイグイしなる『鱒レンジャー』の楽しみ方
その18 ともぞうさんの巻 身近で手軽な「管釣り」の楽しみ方
その19 岩田ジュビ漏さん(ツリデルタトーキョー)さんの巻 霞ヶ浦バスが釣れるポイント・ベスト3
その20 海釣太郎さんの巻 釣り人必見の海の水中映像ベスト3
その21 チャモロぱぱさんの巻 「両軸遠投カゴ釣り」のすすめ
その22 風の沼津さんの巻 霞ヶ浦のバスを狙うおすすめルアー・ベスト3
その23 ウッドマンルアー店長さんの巻 近畿地方のおすすめ釣りベスト3
その24 カラフト犬AKさんの巻 ヘチ釣り・やってはいけないベスト3
その25 眠りのたくまさんの巻 人狼ゲームの人気配信者が語る釣りの魅力
その26 たけだバーベキューさんの巻 釣り魚の簡単激ウマ調理術
その27 サラさん(釣りなじ)の巻 女性におすすめの楽しい釣りベスト5
その28 ウィリア八王子さんの巻 鮎を釣る基本のコツ3選
その29 たけ坊さんの巻 静岡県のおすすめ釣り場3選
その30 くろめがねさんの巻 ヒラメのサーフゲームのコツ3選
その31 まさゆっきー(M'sfishingチャンネル)さんの巻 徳島県産バサーの使用タックル
その32 なぎさんの巻 ワカサギ釣りのコツ3選
その33 y-kamiさんの巻 メバリングのコツ
その34 マークさんの巻 霞ヶ浦バスを釣るコツ
その35 ピカレスクさんの巻 知っていたいリールメンテのポイント
その36 NOFISHBOY穴澤颯さんの巻 ランカーシーバスを釣るコツ3選
その37 おででさん(おででの釣りチャンネル)の巻 釣り用車中泊のためのおすすめ車内DIYアイテム
その38 flyderさんの巻 おすすめの海釣りバイク釣行用アイテム5選
その39 スズキシゲハルさん(淡路島ライフ)の巻 淡路島の立ち寄りたいスポット
その40 ushisanさんの巻 そうだ! 小物を釣ろう!!
その41 びぜんのあぶらさんの巻 よし! 小物を釣ろう!!
その42 
のぞみっちさんの巻 女性アングラーにおすすめアイテム5選【海釣り編】
その43 まーさん(つりたべ)の巻 女性アングラーにおすすめアイテム5選【淡水釣り編】

執筆者のプロフィール

34
34
本サイトの管理人です。34はゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」のアカウント名です。いや、名前なんかは何でもよいのです。大抵のゲームは、このアカウント名にしています。本職は紙媒体の編集&ライターです。
0

関連コンテンツ



更新日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.