【タビカツリ】釣りに関心がないパートナーを釣りに巻き込むコツ【チャンネル】

今回の「趣味人に聞く 釣り編」はちょっとユニークなテーマです。
そして、結構、「ん? 関心あるある!」という方も多いと自負しておりまする、はい。
そのテーマとは、釣りに関心がないパートナーに釣りへの理解を示してもらう……、いや、そこからさらに進んで一緒に釣りを楽しんでもらうコツです。
ナビゲーターはYouTube「タビカツリチャンネル」のタビカツリ夫婦です。
なんでも「嫁」さんは「もともとは無趣味でインドア派であったものの、旦那と出会ってから釣りに連れていかれる日々……」だそうで、今ではそんな毎日をとても楽しんでいます。
はたして、どのように釣りに巻き込み、巻き込まれていったのか……。
これは楽しみです!

※写真は「タビカツリチャンネル」さんの許可を得てSNSから転用あるいは動画をキャプチャさせていただきました。無断転載を禁止とさせていただきます。

父親に釣行をおねだりしていた少年時代~これまでの釣り生活~

今回は「タビカツリチャンネル」の「旦那」さんメインでお話を伺いました。

※管理人より/ 「旦那」さん、本日はよろしくお願いします。それにしても立派なコブダイだこと……(写真は「タビカツリチャンネル」さんの動画のキャプチャです)

まず、釣り好きの「旦那」さんが釣りにハマったきっかけを教えていただけますか。
「6歳のときに親戚のおじさんに釣りに連れていってもらったのがきっかけです。その時は、サビキ釣りをしたのですが、とにかく大漁で、仕掛けを落とせばすべての針に鈴なりに魚がついていたのを覚えています。当時は魚の種類もわかりませんでしたが、今思い出すとシマシマの魚やピンク色の魚も釣れていたので、アジやイワシに加えてサンバソウやチャリコなど、本当にいろいろな種類の魚が釣れていたのだと思います」

釣りのエリートですね(笑)。
「確かに(笑)。子どもながらに『大自然のなかで魚釣りをするのは楽しすぎ!』と感じ、その後は父親に『釣りに連れていって』とねだる子どもになりました(笑)。釣れなくても『魚との知恵比べ』を楽しみ、『どうやったら釣れるのか』『まずは魚のことを知ろう』と小学校の読書の時間は常に魚の図鑑を読んでいました(笑)。そして魚が釣れたときは、もうどうしようもないくらいうれしく、そして魚が愛おしく思え、どんどん釣りの沼にハマっていきました」

そんな少年時代から今までブランクなく釣りをお楽しみで?
「そうですね……。小・中・高と野球部だった私は、釣りの時間をなかなか取れなくなっていきましたが、練習が休みの日や、少しでも時間が空いたときにはとにかく釣りにいっていました。大学に入ってからは車の免許を取り、行動範囲も広がったことから、海・川・湖とありとあらゆる釣りを経験し、社会人になった今でも、釣りは私の生活になくてはならない趣味になっています」

※管理人より/「旦那」さんはバスも楽しむようで。これはかなりの釣りバカ……ゲフゲフ(写真は「タビカツリチャンネル」さんのご提供です)

ちなみにYouTubeへの動画投稿をはじめたきっかけは?
「嫁と話していたときの『なんかYouTubeに動画をあげるのが流行っているし、自分たちの思い出を残すために作ってみる?』みたいな軽いノリがきっかけでした(笑)。YouTubeチャンネル名である『タビカツリ』にもあるように、私たち夫婦の趣味は『旅』と『釣り』なので、それに関する思い出動画をあげようと素人なりに頑張っていました。ちなみに、動画をあげはじめた当初は『車中泊』で各地に旅行するのにハマっていて、車中泊関連の動画や旅行先での『観光』や『釣り』という内容が中心でした。当時の動画を見ると懐かしくて『良い思い出だなぁ~』なんて感じます(笑)。最近では『釣り動画』が主になっていますが、コロナ禍が明け、また気兼ねなく自由に旅行ができるようになればもっと『旅釣り動画』をあげたいなぁ~なんて考えています」

管理人より/ちなみに「タビカツリチャンネル」さんの記念すべき1発目のYouTube動画はこちら↓

漁港のボイルで爆釣!~印象的な釣果~

これまでの「旦那」さんの釣り人生のなかで印象深い釣果は?
「2022年現在、私の釣り人生は25年くらいでして、そのなかでも思い出に残るエピソードは多々あります。例えば……」

と、ここからザクリと年代別の思い出の日を箇条書きで↓
・小学時代/地図帳片手に3時間自転車を漕いでたどり着いた野池で57cmのブラックバスを釣った日
・中学時代/地元の堤防で初めてシーバスを釣った日
・高校時代/初めて自分で作ったルアーでブラックバスを釣った日
・大学時代/初の高知県遠征で86cmのヒラスズキを釣った日
・社会人になって/高知県で日本三大怪魚アカメ113cmを釣った日

どれもすごいエピソードです。
「少し思い出しただけでどんどん出てきます。だた、やはり私たちタビカツリ夫婦として一番印象に残っているエピソードは『嫁と一緒に大物が爆釣した日』です。それは嫁と一緒に釣りをしはじめたくらいのときのこと。嫁と一緒に楽しめるライトゲームを小さな漁港で楽しんでいました。いつも通り、ジグヘッドに小さなワームを付けて、カサゴやソイ、アナハゼを釣って楽しんでいましたが、いつもと違う点が一つだけありました。それは小さな漁港に『イワシの群れがめちゃくちゃいた』という点です。妻と一緒に『イワシがめっちゃおるなぁ~』『サビキして釣る?』なんて話していると突然イワシが何かに追われてボイルしはじめました」

そ、それで……ゴクリ。
「こんな小さな、しかも奥まったところにある漁港で大物が入ってくるなんて……と思いましたが、そんな光景を目の前にして黙って見ていられるはずがありません(笑)。すぐに、車からシーバスタックルを取ってきて、とにかく妻に『とりあえずこれを投げよう!』と『コアマン VJ』を渡しました。そして、嫁が不慣れなキャストで投げた1投目……。『キターーーー!』と不安げな声で妻が叫びました(笑)」

なんだったのしょ……。
「『何これぇ~こんなん巻かれへん!』と、初の巨大魚とのやり取りに四苦八苦してる様子。私は横で助言するだけで、決して助けはしませんでした。なんとか嫁が自分の手で釣り上げたのは70cmオーバーのシーバスです。嫁も自分がこんなに大きなシーバスを自分の力だけで釣り上げることができて、とても大きな達成感を感じている様子でした」

「足にブランケットを巻いているところに、『ちょっと釣りでもしてみるかぁ感』が出ていますよね(笑)」(写真は「タビカツリチャンネル」さんのご提供です)

よく取り込めましたなぁ。
「頑張りましたから。嫁が(笑)。帰りの車のなかで嫁と『あのルアーが一番釣れた』なんて釣り人らしい会話をして帰ったのは良い思い出です。ちなみに、その日はそのあともシーバス・青物が爆釣し、それで嫁は完全に釣りにハマりました」

※管理人より/青物だぁ。よいなぁ(写真は「タビカツリ」さんのご提供です)

おぉ、今回のテーマ「釣りに関心がないパートナーを釣りに巻き込むコツ」です。それでは、その話に……。

+αの楽しみも効果大!~関心のない人を釣りに巻き込むコツ~

では、「旦那」さん、「釣りに関心がないパートナーを釣りに巻き込むコツ」をお願いします。
「私が思うに、ズバリ次の4つだと思っています。『①同じ目線で楽しむ』『②小さな成功体験を何回もしてもらう』『③自分の結果より相手の結果』『④釣り+αの楽しみを作る』。それぞれ説明していきますね」

①同じ目線で楽しむ
自分の趣味に他人を巻き込もうと考えるとき、まずは「教える」という行動が必要です。しかし、「教える」は、頑張りすぎてつい上から目線になりがち……。例えば「なんでこれができんの?」「さっきも言うたやん」「こうするだけやで?」みたいなセリフが出るときがあります。教える側は、自分ができることを教えるだけなので簡単に言いますが、教えられる側からすると「そんなんいきなりできるわけない!」と感じてしまいます。実際に私も嫁に同じようなことを言ってしまい「釣りしたら怒られるから嫌や」と言われたこともあります(笑)。こうなってしまえば、「この趣味=おもしろくない」という印象が残るので、自分の趣味に他人を巻き込むのが難しい……。「経験者目線」で上から接するのではなく、「初心者目線」で同じ目線に立ちながら経験者として助言しつつ、一緒に楽しむくらいの余裕を持って接すると、「この趣味=おもしろい」と感じて自然と巻き込みやすくなるかと。私も嫁と同じ目線に立って釣りをしはじめてから、嫁が釣りガールになってくれました(笑)

※管理人より/漁港のライトゲームの最中におやつを楽しむ「嫁」さん。のんびり楽しむのがよいのでしょうなぁ(写真は「タビカツリチャンネル」さんの動画のキャプチャです)

②小さな成功体験を何回もしてもらう
趣味を続けてもらううえで「成功体験」はかなり重要だと思います。自分がなぜ釣りを趣味として続けているのか、それは「魚が釣れたときにうれしいから」です。釣れない日でも、寒くても暑くても雨でも雪でも釣りをするのは、魚が釣れたときの喜びを感じたいから。その喜びを、巻き込みたい相手に何度も何度も味わってもらうと、自然と趣味に巻き込めます。むしろ、相手もその喜びを感じたいから逆に誘われるかもしれません。釣りの「魚が釣れる喜び」は草野球でいうと「ヒットを打つ喜び」、ゴルフでいうと「ボールがまっすぐ遠くに飛んでいく喜び」かと。この「成功体験」からくる喜びや快感を何度も感じてもらえれば、こっちの勝ちです。実際に私は、妻に釣りで小さな成功体験を味わってもらうため、「ライトゲーム」で「カサゴ」「ソイ」など釣れやすい魚をたくさん釣って貰いました。妻も魚が釣れたらうれしいし、もっと釣りたいと思って、いろんなことを考えてくれるようになりました。例えば、「このワーム使ってもいい?」とか「ジグヘッドの重さ変えていい?」とか。「成功体験」を積み重ねていくうちに、勝手にその趣味にハマっているものです。

※管理人より/こちらは「旦那」さんが「嫁」さんに釣ってもらおうとDAISOジグをただ巻き用にチューンしたルアーで「嫁」さんが結果を出した1尾だそう。なるほどぉ(写真は「タビカツリチャンネル」さんのツイッターより)

③自分の結果より相手の結果
これも大切な要素ですが、相手を自分の趣味に巻き込むことができるまで「自分の結果より相手の結果」を最優先することです。かつての私は嫁にいいところを見せたいという思いから、とにかく自分が大きな魚を釣って見せることしか考えていませんでした。その結果、釣りに行っても妻は車から降りてこなくなりました……(笑)。「これはまずい!」と思い、妻にどんな釣りなら一緒にしてくれるかと聞いたところ、「海でアタリがいっぱいある釣りならする」と。この日から、妻の希望に合わせてずっとライトゲームでアジ・カサゴ・メバルを釣って楽しみました。ただ、どうしても経験の差で私しか釣れないときもありました。そんなときは、自分の釣果よりもまずは相手に魚を釣ってもらうことを優先しました。すると徐々に経験の差も埋まって、今では妻のほうが魚を釣ることがあるくらい(笑)。他人を趣味に巻き込みたいなら、まずはその人の楽しませるコトが大事です。

※管理人より/なるほど、エスコートするという感じなのかもしれないですね(写真は「タビカツリチャンネル」さんの動画のキャプチャです)

④釣り+αの楽しみを作る
趣味、ここでは釣りですが、それ+αの楽しみを持ってもらうのはかなり効果的です。私たちの例でいうと「釣りの合間に嫁の行きたいカフェでランチをする」です。実際、嫁が釣りにハマる前は「昼飯行きたいところ連れてったるから一緒に釣りにいこう!」と連れ出していました(笑)。そうするうちに、逆に私がカフェランチにハマってしまったり……(笑)。自分の趣味に相手を巻き込みたいのであれば、それに付け足すことができる相手の要望も加えると楽しみは倍増します。「昼飯行きたいところ連れてったるから一緒に釣りにいこう!」は魔法の言葉です!

※管理人より/釣りの合間にカフェでカレー。美味そう!俺も行きたいと思ったのですが関東人には果てしない淡路島だそうで…(写真は「タビカツリチャンネル」さんのツイッターより)

大切な人に楽しい経験を!~趣味への想い~

今回の取材にあたり、「タビカツリチャンネル」さんの動画をあらためて拝見したところ、パートナーと趣味を共有できるのはやはり素敵だと思いました。
「そうですよね。私たち夫婦は釣りという趣味を通じて、夫婦仲は円満に、そして人生に楽しみを感じることができています。私たちの場合は『釣り』が趣味ですが、釣りに限らず、趣味は間違いなく人生の活力になるモノだと思います。趣味のおかげで仕事も頑張れますし、趣味を通じてたくさんの出会いもあります。この記事を読んでくださっている方は、おそらく『釣り』、あるいは『バイク』や『ゲーム』といった趣味をお持ちの方が多いと思いますが、自分にとってプラスになっている趣味は、ぜひ大切な人も巻き込んで楽しんで欲しいと思います。皆さんの趣味の力で、大切な人に楽しい体験をさせてあげていただければと」

うんうん。
「ちなみに、私の釣りのわがままに付き合ってくれる嫁には本当に感謝していますし、家では頭があがりません(笑)。
嫁が一緒に釣りをしてくれるだけで私は幸せです!」

あとは気になるのは、巻き込まれた側はどうなのかと……。「タビカツリチャンネル」の「嫁」さんから次のコメントをいただきましたので、そちらをもって本記事を締めくくりたいと思います。
「みなさん初めまして。タビカツリ嫁です。私は旦那と出会うまで、とくに趣味はなく、これといった思い出もないまま過ごしてきました。しかし、旦那と出会ってそれが180度変わりました。付き合ってすぐのデートで、いきなり釣りに連れていかれたり、寒い夜中の川で釣りをさせられたり、急に『今から旅行も行くぞ!』と4時間車で走ったあと観光→釣り→観光→釣り→車中泊というハードスケジュールに付き合わされたり……。今思うとすごい行動力でした(笑)。とくに趣味のなかった私は、旦那に色んなところへ連れていってもらい、釣りでも貴重な体験をさせてもらい、釣り場や旅先でいろいろな出会いもありました。釣り場で出会ったおっちゃんたちとは、連絡先を交換して今では釣り友です(笑)。ときには『しんどいなぁ』『今日は家でゆっくりしたいなぁ』なんて思うこともありますが、今では釣りや旅に誘ってくれた旦那に感謝しています。私たち夫婦は、間違いなく、趣味の力で夫婦円満で、幸せを感じることができています。つくづく趣味の力は偉大だなぁと思います。だって、家庭内でも趣味の話で会話が弾むのですから! 『今週はどこに行くの?』『何を釣るの?』『美味しいお昼ご飯は食べれる?』……。こんな話をしているだけで、もう楽しい! 皆さんもぜひ、大切な人と趣味の力で幸せに!  趣味って最高釣りって最高です」

※管理人より/「タビカツリチャンネル」さん、本日はありがとうございました。パートナーとなら、こんな楽しみもあるということで、こちらの動画も紹介させていただきます↓

【趣味人のプロフィール】
タビカツリチャンネル

旦那/1991年12月生まれ。「嫁を根気よく連れていき、嫁を釣りガールにした男です」
嫁/1992年9月生まれ。「もともとは無趣味でインドア派であったものの、今では釣りが大好きな釣りガールになりました。まだまだ初心者ですが、いろんな釣りに挑戦していきます!」
「タビカツリチャンネル」さんのYouTubeチャンネルはこちら
※管理人より/よければチャンネル登録をよろしくお願いします。クリエイターの励みになりますゆえ
最近食べた美味しいもの/「釣りの合間に行く『はま寿司』の『旨辛ネギ盛り牛カルビ』が最近お気に入りの食べ物です」
最近購入した釣り関連アイテム/「妻から夫への誕生日プレゼントで買ってもらった『メイホウ ランガンシステム VS7055』です。夫婦で行くライトゲームですごく重宝しています」

<バックナンバー>
【釣り編】
その1 まりっぺさんの巻 デカバスを狙うなら琵琶湖でワーム!
その2 かなすびさんの巻 大注目のタチウオテンヤ釣り
その3 Fresh Kitchen・戸田美保子さんの巻 料理のプロが教える美味しい魚料理
その4 ピカレスクさんの巻 プロのリール修理士が教えるリールメンテナンスの基本
その5 バッスンさんの巻 ブラックバスのキャッチ&イートのすすめ
その6 クニさんの巻 クロダイの落し込み釣り
その7 田中徹さんの巻 アオリイカのヤエン釣り
その8 ジョーさんの巻 のんびりヘラブナ釣り
その9 片山さんの巻 コマセやウキの自作のすすめ
その10 鰈ライダーさんの巻 北海道の釣り事情
その11 むぎわらノートさんの巻 シーバスの釣果を上げるコツ
その12 まるなか大衆鮮魚さんの巻 ショアジギの極意
その13 ytk*さんの巻 きっと釣れる! エギング入門
その14 Tetsuさんの巻 アジングで爆釣のコツ
その15 つりうぇいぶ!さんの巻 ヒラメの泳がせ釣りのコツ
その16 ぐっさんの巻 ロックフィッシュを釣る秘訣
その17 若旦那さんの巻 グイグイしなる『鱒レンジャー』の楽しみ方
その18 ともぞうさんの巻 身近で手軽な「管釣り」の楽しみ方
その19 岩田ジュビ漏さん(ツリデルタトーキョー)さんの巻 霞ヶ浦バスが釣れるポイント・ベスト3
その20 海釣太郎さんの巻 釣り人必見の海の水中映像ベスト3
その21 チャモロぱぱさんの巻 「両軸遠投カゴ釣り」のすすめ
その22 風の沼津さんの巻 霞ヶ浦のバスを狙うおすすめルアー・ベスト3
その23 ウッドマンルアー店長さんの巻 近畿地方のおすすめ釣りベスト3
その24 カラフト犬AKさんの巻 ヘチ釣り・やってはいけないベスト3
その25 眠りのたくまさんの巻 人狼ゲームの人気配信者が語る釣りの魅力
その26 たけだバーベキューさんの巻 釣り魚の簡単激ウマ調理術
その27 サラさん(釣りなじ)の巻 女性におすすめの楽しい釣りベスト5
その28 ウィリア八王子さんの巻 鮎を釣る基本のコツ3選
その29 たけ坊さんの巻 静岡県のおすすめ釣り場3選
その30 くろめがねさんの巻 ヒラメのサーフゲームのコツ3選
その31 まさゆっきー(M'sfishingチャンネル)さんの巻 徳島県産バサーの使用タックル
その32 なぎさんの巻 ワカサギ釣りのコツ3選
その33 y-kamiさんの巻 メバリングのコツ
その34 マークさんの巻 霞ヶ浦バスを釣るコツ
その35 ピカレスクさんの巻 知っていたいリールメンテのポイント
その36 NOFISHBOY穴澤颯さんの巻 ランカーシーバスを釣るコツ3選
その37 おででさん(おででの釣りチャンネル)の巻 釣り用車中泊のためのおすすめ車内DIYアイテム
その38 flyderさんの巻 おすすめの海釣りバイク釣行用アイテム5選
その39 スズキシゲハルさん(淡路島ライフ)の巻 淡路島の立ち寄りたいスポット
その40 ushisanさんの巻 そうだ! 小物を釣ろう!!
その41 びぜんのあぶらさんの巻 よし! 小物を釣ろう!!
その42 のぞみっちさんの巻 女性アングラーにおすすめアイテム5選【海釣り編】
その43 まーさん(つりたべ)の巻 女性アングラーにおすすめアイテム5選【淡水釣り編】
その44 笹目釣人さんの巻 荒川(とくに笹目橋付近)で釣りを楽しむ!
その45 ナガ太郎さん(釣りやりん)の巻 遠州灘サーフで釣果を上げるコツ
その46 つきのさん(つきのちゃんねる)の巻 人気釣り女子と見直す「サビキ釣り入門
その47 たけちんさんの巻 渓流のエサ釣りとルアー釣り、釣れるのはどっち⁉
その48 とある研究者さんの巻 ワカサギはサシを飲み込む? 魚の生態の謎
その49 きじはたこさんの巻 きじはたこさんのキジハタ釣り入門
その50 ピカレスクさんの巻 驚きのバスフライフィッシングのすすめ
その51 釣りぶら散歩。さんの巻 冬のタナゴ釣りのコツ

執筆者のプロフィール

34
34
本サイトの管理人です。34はゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」のアカウント名です。いや、名前なんかは何でもよいのです。大抵のゲームは、このアカウント名にしています。本職は紙媒体の編集&ライターです。
0

関連コンテンツ



更新日:

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.