【2020】霞ヶ浦(土浦港付近)でワカサギを釣る!

更新日:

今回のワカサギ釣行は牛久沼釣行の続きです(その様子はこちら)。
牛久沼にはもうワカサギはいない……(←俺の個人的な見解です)。
そう感じた俺は現地で知り合った釣り人のアドバイスによって、牛久沼から霞ヶ浦に向かうことを決めたのでした。
教えていただいたのは霞ヶ浦の北西部、土浦駅の近くのマリーナです。
その方の話によると、以前は、そこでおもしろいようにワカサギが釣れたそう。

俺は基本的には同じフィールドには通わないタイプで、メインの渓流釣りでもあちこちに出かけとります。
意識して、一度行ったところには行かないようにしているのですが、霞ヶ浦には今年(2020年)の正月に訪れました(その様子はこちら)。

でも、まぁ、土浦港付近ではやっていないので、「同じ場所には行かない主義」はよしとして行ってみることにしました。
バイクで30分くらいで行けますし。
途中、人に道を聞きつつも、ほぼ迷わずに到着。

こちらが『ラクスマリーナ』どす

11月下旬とは思えぬような暖かさのせいか、釣り人もいます。
まぁバサーですが。
とりあえず、聞いてみましょうか。
俺「こんにちは。バスですよね。釣れました?」
バサー「こんにちは。全然です……」
俺「霞ヶ浦はなかなかに厳しいようで……。ところで、俺はワカサギなんですが、ここらへんでやっている人を見ました?」
バサー「ワカサギはあまりよくわかりませんが……。船がとまっているあたりはルアーは禁止ですが、ワカサギをやっている人がいるようですよ」
俺「ありがとうございます。そっちのほうに行ってみます」

とまっている船をみつつ、ちょい移動で港のどんつき(?)、太い道沿いあたりに行くと、釣りをやっている人がいました。
これはワカサギかな……と思ったら、ヘラ師でした。
ヘラ師に話を聞くと、ワカサギなら『常陽観光ジェットホイルつくば号高速船発着所』の先がよいとのこと。
もうね、たらい回し……。

まぁ、行ってみるべ。
ここらへんは車も停められて、釣り人も多い。
でも、ヘラ師なんすよね。
そこで話をお伺いすると、ワカサギはなかなか釣れないし、今の時期では、ここらへんでやっている人は少ないとのこと。

でも、もう移動も疲れたよ、パトラッシュ……。

とりあえず、竿を出そうと思っていたところ、バサーの方が話しかけてきてくれて「ワカサギなら有望なところがあるので、教えますよ」とのこと。
ここから車で5~10分くらいのところらしいのですが、ちょうど、その方もそちらのほうに行くつもりで、先導してくれるそう。
やはり釣り人に悪い人はいない!
ありがとうございます!
よし、では、今度こそ最後の移動で、そちらでやってみよう!

連れてきていただいたのは『手野船留』です。

こちらです

『手野船留』といっても土地勘がないとわからないっすよね……。
「手野、霞ヶ浦」で地図ググりをすると、その地域の地図が表示されるので、そこにある船留ととらえると、おわかりいただけるかと。
その船留内は釣りは禁止なのですが、その先に桟橋的な施設があり、そこで釣りをできます。

おぉ、先着者が!!
牛久沼を含めて、この日、初めてのワカサギ狙いの方です。
よかった、ゲットできた。
もうね、俺はワカサギではなくワカサギ師狙いですよ(笑)。

ようやくワカサギ師に出会いました。これだけで、なんかワカサギを釣れる確率が上がったような……。

お話をお伺いしたところ、こちらには以前にも来たことがあって、かつては、この桟橋(?)にワカサギ狙いの方がズラリと並んで釣っていたそう……。
霞ヶ浦も、ここ数年はワカサギが釣りにくくなっていると聞きますから、人気も下がっているのでしょうね。
ようやく竿を出したときには15時半を回っていました。

11月下旬となると、かなり日は短いので、もう長くはできないっすね

まずは、多くのフィールドで何かしらの魚を釣ってくれるリーズナブルなリールタックル。これは投げて置き竿で、基本的には底狙いになります。
もう1本、手持ち用に出しますか……。
んで、手持ち用のタックルの準備が終わったところで、リーズナブルなリールタックルを巻いてみると、今回も順調に魚がかかっていました。

ダブルでかかっていました。タナゴとモロコっすね。タナゴは具体的な魚種はわからんので、今度、調べてみま

ワカサギではないけれど、とりあえず、魚が釣れてよかった(あいかわらずアタリらしいアタリも、巻いているときの引きもさほどなかったけれど)。
その後は……。
うん、アタリもない。

日が沈んできました。今日の釣りも、そろそろ終わりっすなぁ

先着の方はワカサギ狙いの飛ばしウキ(投げウキ)でしたが、そちらも釣果ゼロのようで……。
持ち竿は片づけて、しばし置き竿を見ていると、小さなアタリが。
おっ!
あるか、最後の最後でワカサギ。巻いてみると、なんとな~くのっていそう。

はい、ラストはタナゴ

これにて霞ヶ浦(土浦港付近)も終了。
霞ヶ浦もワカサギは渋いようで……トホホ。
ただ、後ほど、本サイトの母体である「クラッシュ・オブ・クラン」のメンバーに、この日の報告をすると、霞ヶ浦に通うバサーのメンバーが「いやいや、まだ時期が早くて回ってきていないだけで、寒くなるとワカサギは釣れますって」とのこと。
ん~、俺の聞く限りでは、やはり、ここ数年は霞ヶ浦のワカサギは渋いのですが、釣れるっちゃ釣れるのでしょうね。
それを確かめに、また「同じ場所には行かない主義」を無視して、きてみようかしら。

最後に、今回狙った霞ヶ浦(土浦港付近/手野付近)はこちら↓

でわでわ~。

投稿者/管理人

【これまでのフィールドレビュー】
【ワカサギ】
牛久沼(茨城県)
津久井湖(神奈川県)
名栗湖・桟橋(埼玉県)
油井ヶ島沼(埼玉県)
浦山ダム&合角ダム(埼玉県)
相模湖・勝瀬観光桟橋(群馬県)
榛名湖(群馬県)
相模湖・小川亭桟橋(神奈川県)
霞ヶ浦・霞ヶ浦大橋南東部(茨城県)
名栗湖(有間ダム/埼玉県)
円良田湖(埼玉県)
芦ノ湖(神奈川県)
高滝湖(千葉県)

【渓流】
笛吹川(山梨県)
奥多摩川(東京都)
日原川(東京都)
秋山川(栃木県)
横瀬川・あしがくぼ渓谷国際釣場付近(埼玉県)
赤平川(埼玉県)
小百川(栃木県)
大谷川(栃木県)
横瀬川・芦ヶ久保付近(埼玉県)
浦山川(埼玉県)
大血川(埼玉県)
大洞川(埼玉県)
中津川(埼玉県)
高麗川(埼玉県)
神流川(群馬県)
南牧川&雄川(群馬県)
入間川上流部(埼玉県)
横瀬川・秩父市街地付近(埼玉県)
道志川(山梨県)
高尾山付近(小仏川/東京都)
養老川(千葉県)
大丹波川(東京都)
秋山川(山梨県)
串川(神奈川県)
箒川(栃木県)
桂川(山梨県)
渡良瀬川(群馬県)
鮎川(群馬県)

【テナガエビ】
伊佐沼(埼玉県)
荒川<秋ケ瀬(埼玉県)&新荒川大橋(東京都)

【釣り掘】
川崎つり堀センター(埼玉県)
芝川つり堀センター

【その他】
ヘラブナ/びん沼川(埼玉県)

0

関連コンテンツ



-釣り, 釣り場ガイド

Copyright© 釣りとバイクが趣味なんだ。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.